甘えん坊のフレンチブルドッグ

我が家には、今年で10歳になるフレンチブルドッグがいます。

フレンチブルドッグはもともと凄い甘えん坊な犬種なんですが、我が家のフレブルは甘え方がハンパじゃないです。

まぁ甘やかし過ぎたというのも原因ですが・・・。

家にいる時は絶対私のそばから離れようとしませんし、座っている時は必ず膝の上に乗ってきます。

寝る時は一緒の布団に入り込んできて人間みたいに隣で爆睡。

とりあえずいつでもピッタリくっついてきます。

それがめちゃめちゃ可愛いんですけどね♪

ビキニラインは抜く剃るはだめ

女性の皆さんなら、ビキニラインからムダ毛ははみ出してはいませんか。 私は恥ずかしながら、剛毛で下着姿に全く自信がありません。

恋人ができた時も、下着姿になるのが恥ずかしくて中々お泊り旅行もできませんでした。

また友人たちとエステやスパに行く時も恥ずかしい思いをしたくはないので、前日にはみ出している部分のところは抜いたり、剃ったりして対処をしていたのですが、肌が剃刀や毛抜きに負けてしまい、毛穴が赤くポツポツしてしまい余計に肌も汚くなりましたし、デリケートなところなのに肌が荒れてしまい、辛い思いをしました。

恥ずかしい部分でもあるので、中々人に相談することができなかったのですが、とある雑誌で年頃の女性はビキニラインの処理で結構悩まれている方が多かったことを知りました。

そこのアドバイス欄に、ビキニラインの脱毛を進めていたので私も近所のエステに光脱毛の申し込みに行きました。 長年悩んでいたことだったので、脱毛代は値がはったもののキレイに慣れるのでしたら全く痛くはない出費でした。

ビキニラインなどのムダ毛は、太く濃いので光脱毛の光に敏感に反応してくれるようで、私も光脱毛を三回程体験した今うぶ毛程度にまで減りました。 ビキニラインの処理でお困りの方がいましたら、脱毛に通ってい見てください。 自分が悩んでいたのが嘘のように気持ちが晴れました。

ビキニラインも保湿をしっかり

ビキニラインは、とてもデリケートなゾーンです。日々、下着も当たっているので、黒ずみも起こしやすいです。下着を着用しないのも、現実的ではありませんが、締め付けないよう気を付けるべきです。

さて、そのデリケートなビキニラインの処理についてですが、ムダ毛については剃ってはいけないと思います。剃ると肌にも良くないですし、すぐに生えてきてしまいます。そして、また剃ってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

ムダ毛の処理はプロに任せるべきです。私は5~6回脱毛サロンへ通い、永久脱毛をしました。Vゾーンに自信が持てるようになったので、いつでも水着になることができます。最初は、通うことも抵抗がありましたが、次第に慣れていきました。

また、ビキニラインを週に2回はスクラブでケアしています。古い角質を落とし、肌を再生させるためです。これを続けていることで、黒ずみが改善されたように思います。

スクラブでケアした後は、しっかりと保湿をします。スクラブを使用した後は、肌がとてもデリケートになっています。ここで、保湿を怠ってしまうと、また別の肌トラブルを引き起こします。

ビキニラインは、目立たないようで目立つ場所です。しっかりケアして自信を持ちたいものです。

レーザーが怖いのでワックスで処理

ビキニラインは昔から悩みの種でした。 昔はカミソリで処理していたのですが、カミソリ負けしてしまい赤くポツポツが出来てしまったりして散々な仕上がりでした。 友人にレーザー脱毛をすすめられたのですが、レーザーは先入観で怖いイメージがついてしまっているので、どうしても勇気がもてずにいました。 そんな中たどり着いたのが「ブラジリアンワックス脱毛」です。

私が使用しているブラジリアンワックスは通常のワックスと違いはちみつが主成分でお肌にやさしいのです。 肌が炎症しやすい私でも安心して使用できます。 毛根から処理してしまうので、毛が生えてくるときのチクチクした不快感がないのが嬉しいです。

今はワックスを購入して、自分で脱毛しているのですが、最初はエステサロンで脱毛してもらいました。 理由のひとつはかわいい形に脱毛してもらえるからです。 日本人にはあまりみかけないハート型にしてもらいました。 どうせ脱毛するならとことん楽しんでしまおうと思ったからです。

一度形をとってもらえば、あとはその形にそって脱毛を続けていけばいいのでかなり楽です。 寒い季節はどうしても脱毛がおっくうになるので、そのときはサロンにお願いしたりしています。 自分のストレスにならない方法でビキニラインを処理しています。

水着の前にバタバタ慌てないために

ビキニライン・・・あまり触れたくない話題です。 実のところ、普段きちんと処理をしているほうではありません。 特に冬場はほとんど手をつけることなく春を迎えることもあります。

脱毛サロンを考えたこともありますが、今は仕事が忙しいから、子どもに手がかかるからと先延ばしにしているうちに機会を逃し、現在に至ります。 ただ処理をせずに済んでいるわけではありません。

夏は頻繁に、秋以降は月1回のペースで、子どもと一緒にプールに行く機会があります。 プールの前日は、風呂場で脱毛タイムを設けることになります。 方法はいたって基本的。

まず、ハサミで長めの毛をカットします。 次に、泡立てた石けんをビキニラインに乗せ、カミソリで丁寧に剃っていきます。

そして、剃った部分の気になる毛を毛抜きで一本一本抜いていきます。 わきの下やすねも同時に処理するので、時間にしておよそ30分。 冷えてくる体を温めながらの集中した作業です。

時々カミソリや毛抜きで血が出るなどの失敗もありますが、なんとか水着を着られる状態までもっていきます。 あくまでその場しのぎの方法なので、3日も経てばまた処理が必要な状態になってしまうのが難点。

今年こそ時間を作って脱毛サロンへ通い、プールの前日にバタバタと手間どらずに済むようにしたいものです。